パッケージデザインや名刺などはプロに作成を任せよう

パッケージデザインやビジネスシーンで必須となる名刺は、自力で作成する以外にデザイン作成サービスを利用するという方法もあります。デザイン作成サービスでは、依頼の際に指定したデザイン通りに作成をしてくれます。自力で作成する場合と違い、必須事項の他に配色などデザイン性に富んだものに作成することが出来ます。

名刺を自社で作成した場合と業者へ注文した場合の違い

自社で作成した場合と業者へ注文した場合の負担面での差

自社で名刺を作成する場合、会社によっては作業に時間がかかる上に質が悪く見えてしまう可能性もあります。それに対して業者に依頼した場合、品質もよく時間もかからないので、作りたい名刺によって作成方法を決める必要があります。

自社で作成した場合と業者へ注文した場合の価格面での差

自社で名刺を作成するメリットの一つとして価格が安いということがあります。作成費用は印刷代のみとなるので枚数によってはデザインを自社で作成し、印刷のみを業者へ委託する方法もあります。

卓上カレンダーや室名札の注文を受ける業者もある

卓上カレンダーは実用的な使い方のほか、販促物となるため力を入れる企業も少なくありません。その際、デザインを重視することで使われる確率が増えます。また一般的に屋内サインや表札と呼ばれる室名札を注文するときにもデザインがポイントとなります。そのため自力で作成するよりも業者に委託をした方が良いとされています。

業者依頼する時の参考にしよう!室名札などをネットから注文する流れ

ノベルティ

依頼する業者を選ぶ

室名札を注文する際に注意するポイントとして業者の選び方があります。業者によってデザインのテンプレートが少ない場合や、価格が高い場合があるので口コミや信頼のできる実績を確認して比較してから注文することが大切です。

デザインを選ぶ

デザインをテンプレートから選ぶだけで室名札を作成できるということは業者に依頼する一番のメリットです。業者によって数は異なりますが、テンプレートが豊富な業者が多いので自社に合ったデザインを選ぶことが出来ます。

使いみちによってサイズを選ぶ

デザインを選んだらサイズを選ぶ必要があります。サイズは看板などに使うような大きいものから表札などに使う小さいものもあるので、使いみちによってサイズを選ぶことが大切です。

見積もりをしよう

デザイン・サイズを決めたら最後に見積もりをする必要があります。見積もりはインターネットから簡単にできるので、複数の業者の見積もりをしてから注文することが大切です。

室名札を作るときに重視しておきたい作成ポイント

ノベルティ

室名札を注文するときはデザインに注目

一般的に屋内サインや表札と呼ばれる室名札を注文するときにはデザインがポイントとなります。室名札は公共の場で設置されることが多いため誰でも分かる必要があります。そのためデザインを決める際には、ユニバーサルデザインの考え方を重視することが大切です。特に理解をしやすい視認性やミスに繋がらないようにする安全性、使用上の柔軟性を意識した多様性を重視する必要があります。

ノベルティ

見やすくてわかりやすい室名札を選ぶのも大事

室名札を選ぶ際にはデザインが大切だとされていますが、デザインの他にも見やすさも大切です。いくらデザインが良くても見づらいと意味がありません。室名札は色の組み合わせに気をつけることによって見やすくなります。色の組み合わせでは背景と文字の色に注意することが大切です。他にも室名札が同じでも取り付ける位置によって見え方が変わってくることもあります。